発毛の阻害は悪い習慣が原因?毛穴を綺麗に保って発毛を促そう!


2018年1月27日

毛穴が詰まる原因と悪影響について

毛穴は毛根から生えた体毛が伸びる際に拡がる皮膚上の微小な穴ですが、皮脂や垢などの汚れが入り込んで詰まってしまうことがあります。毛穴が詰まると体毛が露出せず、表皮の中で絡まった状態になります。毛穴の内部で伸び続けた体毛は埋没毛になって周囲が黒ずんだ吹き出物を形成することがあるので、異常を感じたら速やかに病院で治療を受けることが大切です。毛穴の詰まりは汚れ以外にかさぶたや火傷などの皮膚疾患でも発生するので、特定の部分だけ体毛が生えない状態が続いたら埋没毛を疑う必要があります。埋没毛は放置すると色素沈着や毛穴周囲の痛みに繋がるので、適切なスキンケアを施して毛穴の詰まりを解消させるのが最適な対処法です。

頭髪の減少と毛穴の詰まりの関係

髪の毛の減少は毛穴の汚れによる発毛の阻害が原因の多数を占めます。頭皮は髪の毛に絡みついた汚れがこびり付きやすく、毛穴に汚れが侵入するリスクが他の部位より高い傾向があります。また、洗髪の際に使用するシャンプーの成分も毛穴の詰まりに繋がることがあるので、肌質に合わないシャンプーを使い続けているとそれだけ薄毛のリスクが大きくなるので早急な対処が必要です。髪の毛の減少に直結する毛穴の詰まりを防ぐためには肌質に適したシャンプーを適量の使用に留め、洗髪後は入念にすすいで一切の汚れが残らないように努めることが大切です。また、髪の毛を伸ばし過ぎると汚れが残りやすくなるので、定期的に散髪を行って短い状態を保つのが汚れによる毛穴詰まりの予防に繋がります。

発毛とは、毛が抜け落ちた毛穴に再び、新たな毛を生やすことを言います。すでにある毛を育てていく育毛とは異なる言葉として扱われることが多いです。